« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

本日は・・・

暖かくなったとおもったら、寒くなり、寒くなったと思ったら昼は夏日・・・
何なんでしょうか(TT;
今日は、朝、あまりにも寒いので、冬服をひっぱりだすのにとても手間取りました。
衣替えをしたばかりなのに・・・(クリーニング代が勿体無い・・・涙)

こういう朝に限って、仕事は忙しかったりします。
本日は、契約が3件。

仲介での売買が1件、そして、当社売主物件の玉縄のB区画、稲村ガ崎のC区画がご成約となりました。

ご成約頂いたお客様、そして仲介を下さった不動産業者様、有難う御座いました。
m(_ _)m

朝一、稲村ガ崎の契約で鎌倉の三井のリハウスさんにお伺いしたのですが・・・
まあ、鎌倉は凄い人。
道路の混雑を予測して電車での移動としたのですが、あまりの人にビックリしました。
鎌倉駅のトイレに行ったら、トイレの外に20人ぐらい並んでるぐらい。(女性側)

駅構外では、トレッキングの格好をした団体や、和服を着た団体、その他一般の観光客合間見えて、朝から、ワッサワサ。

考えてみると・・・
この人の数を呑み込む鎌倉のパワーって、凄いですね。

藤沢市の半分しかない小さな町なのですが、ポテンシャルは日本屈指。

なのに、巨額な負債を抱えている。
よほど市政がメチャクチャなのか??
まあ、経営のけの字も知らない人が突然市長になるのだから、そうなるのだろう。

一流の企業家が市長をやったら、全然違うんだろうな~。

などと、思いながら、契約に向かう私でした。(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月30日 (土)

専業主婦の何が悪いのか??

先日、新聞の記事でこんなのをみつけ目に余りました。

「女性は家事と育児をやると、誰が決めたのか。」

中年の主婦の方の投稿なのですが・・・

「話し合って決めたわけじゃないのに、家庭での役割が決まっている。」
「仕事に育児に家事に、性別は関係ないはずだ。」

と、のたまわってました。
それを見て「人間って、本当に面倒くさい。」と、心底思ってしまった私です。(^^;)

いやだったら、やめればいい。
放棄すれば、いいじゃない。
なにをわざわざ新聞で愚痴ってるのか??

「育児を母親がするのをだれが決めた?」という問いは、人間がいかに動物としては退化しているのかを思い知らされます。

子育ては、母性無くしてありえません。
授乳して、抱いて母の体温で抱きしめて・・・、これ、自然の摂理なんですよね。
子は、母の温もりで育つ。
母と子の関係は、絶対的な本能なんです。

その間、オスは巣にせっせと餌を運ぶ。

熊の母は、1月に子供を生み、5ヶ月を超える冬眠の間、子供を巣穴で抱き続けます。その間巣穴から一歩も外に出ず、一口の食事も一滴の水すらも飲まず、こぐまに乳を与え続け、たった400gの赤ちゃんを10倍の4kgほどに育て上げるそうです。
そこにオスは、居ません。

冬眠後も独り立ちするまで母親が付きっ切りで守り、食べられるものから狩の仕方までを一人で教え育てます。
近くにいる父親は、一番危険の対象で、もはや敵。
父親は、子供を餌として狙うのだとか。

カマキリや蜘蛛のオスは、交尾の後、メスの腹に宿った子供の栄養のために食べられてしまうのは、とても有名な話です。

つまり、子にとって父親とは、実は、無用なんですね。

人間の世界でも、男は、ただ単に食い扶持なんです。
働いて、稼いで、衣食住を母と子にあたえる役目。
それなのに・・・
現代の女性達は「働く喜びは、差別無く女性にもあたえられるべき。」なんて言う。

蟻は蜂は、子供を生んで育てることが全てです。
それ以外の生きる価値を、持ち合わせていません。
短い人生を、全て育児・家事にささげます。

それが、本来の生き物が「生きる」ということなのではないのか・・・
個人的に、そう思うんです。

余計な娯楽・快楽を覚えた多くの人間は、子を邪魔者と考えるようになっています。

そんな、子育てに人生を見出せない人間は、すでに生物として破錠していると言えるのですが、それが文明を持った動物が人間と呼ばれる所以なのかもしれません。
高度な文明を持った人間は、必ず文明と共に滅びている歴史があります。

こんな事を言うと「男女差別者だ!」「男尊女卑だ」と言われそうで、ちょっと怖いですが・・・
男が強いとか、尊いなんて、一言も言っておりませんので、あしからず。(^^;)
(もしできれば、私は「主夫」をしたい派なので)

そういえば・・・
私が子供の時代・・・
「高校を卒業したら良いお嫁さんになる。」
「早く子供を生んで、育てたい。」

そんな女性が殆どでした。
今、「花嫁さんになる!」なんていう、愛らしい小学生の女の子って、居るんですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月29日 (金)

言葉爆発

寝起きが悪い息子。
ぎゃん泣きしながら起きる事、しばしば。
起きるまでに、ゴロゴロと転がり、うつぶせにうずくまったりします

その、姿形がとなりに寝ている私のパートナーにソックリ。(笑)
寝相や寝起きも遺伝するんですね~。

数日前の朝、その寝ている息子の横に座り、起そうと肩をゆすったのですが・・・
ほんの少し薄目をあけ・・・
私を方を煙たそうに向いたかと思うと・・・
その瞬間に「ちょっと、ほっといてよ!」といいました。(^^;)

え??
なに?その、しっかりした日本語は。(□°;)

あまりにも急な出来事で、私、唖然としてしまいました。
前日まで、君・・・日本語、片言だったじゃん。(汗)
皆起きて、その話を妻としながら私が朝の日課の新聞を読んでいると、私の新聞を取り上げて、自分で広げ、寄って来た妹の賀穂にこんな事を言っていました。

「ちょっと、新聞よんでんの!邪魔しないで。ほんとにも~、賀穂は~!!ダメでしょ!」

出るは出るは、日本語が湯水のようにっ!
しかも、私が長男に言っているいつもの会話、そのまんまです。(汗汗)
言い方もイントネーションも、まるで同じ。

「あきと、それトン(父)の新聞でしょ。返して。」と私が長男に何か言うと「はいはい!」と、返事を2回繰り返します。

これは・・・、妻の真似か!!

「ハイは1つでしょ!!」と怒ると「はいはい!」と、再度2回繰り返す息子。(^^;)

こりゃ、不味い。
妻と、目を丸くしながら、「真似してるね。」
ここで一句

子育て中、我が子見て、我がフリ治す

どうやら、息子「言葉の爆発期」に入ったようです。
言葉の爆発期とは、2歳の子供に必ず訪れるものなんですって。

人間は、2歳でおおよそ300の単語を覚えるそうです。
それが、3歳になるとその4倍の1000~1200に跳ね上がる。
その4倍に増える間の期間が、言葉の爆発に繋がるのだとか。

今まで、何を言っているか半分ぐらいしか理解できなかった息子が・・・
ある日突然、ちゃんとした会話が出来るなんて・・・

かなりの衝撃と、結構・・・感動です。

そして、一昨日、家族で野毛山動物園に行ったのですが・・・
息子、私の手をつないで・・・
そしてすぐ「カホもおてて繋ごうね!」と妹と手をつないで、「ママも!」と家族4人で手を繋いで歩くという段取りまでし始めました。
Noge2_2

暁人さん、ほんまでっか!!
つい先日まで、赤ちゃんだったのに。(TT)号泣
妻も、突然の事で「え、なに、そ、そんなことできるの?」困惑しながら、感激してます。

ちなみに、家族4人で手をつないで歩いたのは・・・
4人とも、この日が人生初めて。

それが、2歳の息子のプロデュースとは、なんとももはや。

Noge_2
(慌てて、自分撮りしてる私と、花粉症のマスクのしたで感激してる妻の図)

それにしても、二人とも成長早い。
下も子も、まだ、生まれて1年と半分も経ってないのに、普通に歩いてます。

そりゃ、我々夫婦、年とるわけだわ。(私39歳、妻40歳なり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

怒涛の攻勢

一度、入会して、半年ほどで退会をしたのですが・・・
その後、怒涛の勧誘を受けているものがあります。

とてもかる~い気持ちで一度入会しただけなのですが、その後、これほどまでの攻勢を受けるとは、思っても見ませんでした。(^^;)

毎週、何冊も送られてくるお試しセットやお試し教材・お試しCD。
その他、パンフとチラシと葉書きと封書。
全てフルカラーで、子供の名指しで届く。

初期にバンバン掛かってきた勧誘電話。(TT)

どれだけの広告費を使っているのだろうか。
数億円は軽く行っているだろうというのは、素人目でも解る。
カルト的なそのしつこさを誇る・・・
それは・・・
これです。

Tora

虎の「しまじろう」がキャラクターで有名な・・・
「こどもちゃれんじ」です。(^^;)

Tora2_2

先週だけで、この3冊と葉書きが3枚。
恐るべしベネッセコーポレーション。

あの自称「銭ゲバ」の西原理恵子さんに・・・
「しまじろうの拝金主義には、全く適わない。」と言わしめたほどですよ。

我が家は、2歳と1歳の子供ですが・・・
長男が取っていた教材が、まんま残ってるんですね。
それなのに、長女にも同じ教材を取れと毎週攻勢を掛けてくるんです。(^^;)

これ、逆効果でして、妻はもう辟易としてます。

何度か、断ったのですが、お構いなしです。
だから、もう放置しているのですが、資源の無駄に思えて、なんだかイタたまれなくなってくる昨今。

ちなみに長男が取っていた教材は、娘全く興味を示さず・・・
押入れの肥やしとなっています。(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

苦情

苦情というと、なにかクレーマー的なイメージを受ける我々日本人ですが・・・

情という漢書には「思いやり」「なさけ」という意味があります。
だから、言葉としては、悪い意味は持ってないんですよね。(^^;)

でも、「苦情」と聞くと、私自身も「ビクッ」「ドキッ」とします。

建設の仕事をしていると、周辺にお住まいの方々から、色々な「苦情」を頂きます。
それは、決して世間が思うような悪いものでは無く、ご近隣の方々の切実な思いです。

相手に文句を言う労力は、並大抵ではありません。

私自身、電話で個人や会社などに「文句」を言うのは、大きらいです。
多少の事であれば、我慢しようと思うぐらい、嫌な事でもあります。

人は嫌な思いをしたときに苦情を言う頻度は、平均で4.63回に1回なんですって。
つまり、5回あったら約4回は我慢しちゃうわけです。(^^;)

だから、意を決して苦情を訴えたとき・・・
逆にそれを酌み取ってもらえなかった時の落胆と、その反動から生まれる怒りは生半可ではないものとなります。

私も、今まで普通に届いていた郵便が届かなくなり、郵便局に連絡をして再度届けてもらったら、やっぱり場所が分からないから局留めにしてあるので取りに来くるように言われ、ブチギレた事があります。(^^;)
「人が変わったら場所が分からないのは、うちの場所が悪いのではなく、その配達員が悪いんでしょうが!」と・・・
表札が出ていて、住居表示もあり普通の住宅街なのに、担当配達員が場所が分からないといっているので手紙を取りに来いという郵便局に頭が下がります。(^^;)

西武百貨店のお客様相談室長だった関根眞一さんがこんなことを仰っています。
---------------------------------------------------------
人の話の真意をつかむには・・・
相手の話を遮らず、全てを話してもらうことに尽きる。
これを言ったらケチと思われるなど、日本人は本音を隠す傾向がある。
なので、相手になるべく長く話をさせること。
想いを全て吐き出せば、人は冷静になれる。
間合いの妙やポロッとでる本音。
何度も語る同じ話には真意がある。
そこが分かると状況は必ず好転します。

---------------------------------------------------------

たしかに、苦情中に「でも・・・」「それは・・・」とか話を遮られたりしたら、頭にきます。
担当者や課をたらい回しにされると、それだけで沸点を超えます。
そして、向こうの事情やら、都合を言われたりすると、もう収まりが付きません。

なるほど、話をトコトン聞くのですね。
相手の心に引っかかっている苦しい情を、全て吐き出してもらって、初めて解決する。
その上で、しっかりとした対応とご提案。

肝に銘じて、今日も働きます。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

無料で可愛いペットを手に入れる方法!!

性善説というものがあります。

「人間の本性は、ずべて善良である。」という、意味です。

儒教の祖とも言われる、孟子のお言葉なのですって。

悪人とは、「殺人者」や「詐欺師」などをいうのでしょうか??
そんな輩とも「一対一で腹を割って話したら、悪い人はいない。」などと、よく言います。
でも、結局、性善説というのは、人間だけの価値観なんですよね。

この地球上で人間というのが如何に「悪」なのかが・・・
心が痛くてたまらないこんな書き込みを、フェイスブックで目にしました。

-------------------------------------------------------
Inu

時間がありません。
20名の家族が必要です。
6匹は、引き出してます。
センターに、14個の大切な命が救出を待っています。
急いでいます。
この子たちは、今週の土日で家族が決まれば、助かります。
直接、エンジェルズにご連絡をお待ちしています。
0740-22-3000
助けてくださいっ!!

--------------------------------------------------------

関西の動物愛護団体「エンジェルズ」林加津子さんのフェイスブックです。
http://www.facebook.com/katsuko.hayashi.1

生後まもない・・・
ワンコたちが・・・
保健所で、ガス室の前で身を寄せ合っている写真です。(TT)

持ち込まれた犬達は、たった4日の保管期間を過ぎると、順序、窒息処分となるそうです。

写真のワンコたちは、みな1歳にも満たない赤ちゃんです。
なぜ、そんな乳飲み子たちが、ガス室に送られなければならないのか???

エンジェルズのHPにその答えがありました。
http://angels2005.org/dazaihu/dazaihu.html

トップページです。
http://angels2005.org/index.html

「それでも、あなたはペットショップで子犬を購入しますか?」

痛烈な、言葉です。
紹介されている惨状は、どれも「この世の地獄」のようです。
そして、どれもが人間の所業です。

Inu4 Inu5

Inu3

Inu2

「ペットショップ」は、命を売っています。
それも、全てが生後3ヶ月までの赤ちゃんの命。

売れなければ、残飯を扱うかのごとくなのか・・・?!!
3ヶ月を過ぎた命は、もう商品にはならないそうです。

その行き先は・・・
①無料譲渡
②保健所・動物愛護センター(殺処分)
③動物実験用
④手術の練習台
⑤どこかの山の土の中

また、辛うじて売れていった赤ちゃん達も・・・
ブリーダーの無茶な交配により疾患をもった子が多く、1年も経たないうちに、購入者から保健所に持ち込まれるケースがとても多いそうです。

悪魔の仕業ですね。

でも、その命を救おうとして、頑張っている人がいる。
Title_koinu

エンジェルズの方々のブログをみて、「知らないというのは、悪だ」と思いました。

ペット購入を考えている方!!!
ペットショップで大金を出さずとも、愛くるしいほど可愛い赤ちゃん達が、無料で手に入る方法があります。
保健所のワンコたちの、里親になってあげてください。

この子たちは、たった4日で、人間だけのために殺されて行っています。

ペットショップで、犬や猫を買うのは、やめましょう!
全国で死んで行く、生まれたばかりの命を救ってあげてください。

エンジェルズ、応援します。
http://angels2005.org/koinu.html
里親募集!!

神奈川県の保健所(動物愛護センター)でも、里親を募集しています。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/hokenjo/genre/douai/joto/jotoinfo-dog.html

我が家は、今、家の立地も環境も、犬を飼う事が出来る状況ではありませんが・・・
下の子が3歳になったら、里親になろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

体罰

昨日、ニュースでショッキングな映像を見ました。

大分の中学校での一こまです。
剣道を6年間経験し、その後、空手や中国拳法を20年以上続けている私から見ても・・・
「酷すぎる」の一言です。

教育委員会は、「外部の指導者なので気を使い公表しなかった。」と訳のわからない言い訳をしていましたが、外部者だからこそ、お前等が外部から子供を守らなきゃならんだろ~が。
このバカ野郎!!

ここまで強烈に、武道者が子供に対して暴力を奮うのは、同じ武道に携わるものとして、見ていて寒気がします。
よく見ると、試合をしているようなので、他にも指導者がいると思われます。
これを見て見ぬ不利をしていた剣道家がいたとしたら、そいつ等全員、人間のクズだわ。

それに、モザイクする必要性って、あるの??
これ、傷害事件でしょ??

体罰じゃなくて、ただ単に暴力だよ。
犯罪者でしょ?!!

空手の場合、有段者が人に暴力を奮った場合、相手に非があっても、責任を問われます。

指導者と言うことは、高段者であり・・・
しかも、相手は子供です。
しかも、無防備の相手にたいして、股間を蹴っている。

極悪です。

日本は、どこか他人任せなんですよ。
悠長に隠しカメラなんて撮ってる場合じゃない。
我が子がこんな事されたら、即刻、この馬鹿野郎を同じ目に合わせてやらないと。
こういうやからは、自分も同じ目に合わないと、解らない武道バカですわ。
で、コテンパンにしておいて、警察につきだしてやります。

しかし・・・
この時代に、まだ、こんな馬鹿垂れがいるんですか。

自分の子供に置き換えて・・・
とにかく、鳥肌がおさまりません。(TT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月22日 (金)

JR辻堂駅にある凄腕のクリニック

私の通う「大道塾湘南支部辻堂道場」は、色々な仲間がいます。

害虫駆除の株式会社FCCの社長の深沢さん
http://www.fccsystem.co.jp/

大船の文房具の老舗、上州屋ビジネスプランニングの社長の斉藤さん
http://www.joshuya.co.jp/

大船の老舗不動産会社、徳増不動産の専務の徳増さん
http://www.tokumasu-fudousan.com/

平塚駅前の宮本歯科医院の院長の宮本さん
http://byoinnavi.jp/clinic/27557

他に、大手広告代理店の部長の先輩や、自衛官の方など、本当に多岐に渡る職業の方々が日々、殴り合っています。(笑)

私も毎週稽古に通いたいと思っているのですが・・・
子供の抱っこによる古傷の腰痛悪化と、これまた古傷の両膝がかなり悪く、中々、稽古に通うことが出来ていません。(TT)

ところが、先日、凄い人が新しく入門したと徳増不動産の専務である先輩から情報が入ってきたんです。
なんと、若い米軍の海兵隊さん!!
身長190cm超!体重120kgの黒人の方。

徳増先輩曰く「ボブサップが少しお腹を壊してやつれた感じ」とのこと。(^^;)
それって、まぎれもなく・・・ボブサップですよね。(汗)
「こりゃ、みんなの負担を少しでも減らさなきゃ」と、昨日、久々に稽古に出たんです。

でも、いざ動き始めると膝が・・・
とっても、痛い。(^^;)
稽古は無事に終わり・・・
道場仲間の山口さんに、膝の相談したんです。

山口さんは、御歳50歳で私とガンガン殴りあう合気道の有段者なのですが、JR辻堂駅のすぐ近くでクリニックを開業されているお医者さんでもあります。
http://www.yamaguchi-pain.com/hello.html

すぐに膝を「チョチョイノチョイッ!」と触診してくれて・・・
怪我の状況をズバリと指摘。
驚くことに、山口先生の症状の見付けと、私の思い当たる症状が全て一致。

今年初旬、膝が外れて立てなくなり、湘南鎌倉総合病院で診察した話を以前このブログでご紹介しました。(^^;)
待合室で3時間待って・・・
ようやく診察にあり付いたのに・・・
整形外科の先生の触診では原因が全く解らず・・・
MRIで見てみないとなんとも言えないと2週間先の予約を取らされ・・・
「それまで傷みを我慢してもらうしかない。」という信じられないお言葉を頂き・・・
目の前で歩けない私に「痛み止めは出します?」と聞いたという・・・神話です。

あの、酷い仕打ちは、一体全体なんだったのか?

山口先生の見立ては、「おサラが外れたんだろう。」とのこと。
で、右のサラと左のサラを触ってみると「本当だ、右の方がゆるゆるだ。」

そして「これとこれをやってください!」と、自分で出来る治療方法を教えてくださった。

素晴らしい。

こういうのを体験すると、医者って本当に怖いと思います。
同じ医者でも、こうも違うんです。
かたや解らないゼロ回答。かたや対処法までの100%回答。
この差は、患者にとって見れば、「生」と「死」と同じぐらいの違いです。(▼▼#)

今、我が家は、山形から妻のお母さんがヘルプに来てくれています。
我が家に来る数日前、突然目が悪くなり、山形で2つの目医者に掛かったそうなのです。
でも、全然直らず、目は充血して黒目は白っぽくなっています。
あまりに酷い状態なので、私の母親がお世話になっている大船駅東口の飯野眼科医院に連れて行ってみました。
そしたら先生「前の2院に処方された薬は意味ないから塗らなくて良い。」と仰り、点眼薬を処方してくれました。

その次の日、真っ赤に充血していた目が、白くなったではありませんか。(^^;)
一番驚いたのは、山形のお母さんです。

お母さんも、妻も、私も・・・
「医者は、選ばなきゃダメだね!」と、腕組みして、数分黙ってしまいました。

ちなみに・・・
やまぐちクリニックは、特殊医院(ペインクリニック)です。
頭痛・整形外科的な筋骨各系の痛み・神経痛などで、掛かり付けの医者でも全く改善しないなど、そういう人を助けるお医者さんです。

お世辞を言わない私が、オススメします。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

子供の事ばかり

先日、こんな記事がありました。
--------------------------------------------------------
夜、所用を終えて帰宅し、玄関で「ただいま」と言うと・・・
2階から「おかえり!」と帰郷していた娘の大きな声。
同時にドタバタと音を立てて降りてきた。
何事かとたずねると・・・
私の声を聞いたら、急に幼かったころを思い出し、同じようにやってみたくなったとのこと。
そして、こう続けた。

「帰ってくるとこうやって迎えに出て、両手を掴んで逆上がりみたいなことをしょっちゅうやっていたよね。」

それを聞いて、私も忘れていた感覚が一気に蘇った。

そのころはサラリーマンで共働き。
定時に帰宅できることが多かったが、家事はカミさん任せで、家に帰れば酒を飲んでばかりのグータラ亭主だった。
だが、お風呂や寝かしつけ、休日の公園など、子供達と過ごすことは多かった。

色々を思い出すうち、はっきりと解った事がある。
あのころ、こちらが子供達と遊んでやっているつもりでいたのだが・・・
実は子供達に遊んでもらっていたのだと。

そんな事があって数年たち、娘は結婚した。
来年には母となる。
今度は、孫に遊んでもらえる日を楽しみにしている。

--------------------------------------------------------
(朝日新聞「男のひといき」より拝借)

この一般の人の投稿を読んで、なんとも身に詰まる寂しさを覚えました。

我が家も、今、全く同じ状況です。
夜、玄関で「ただいま~」と声を発すると・・・
2階のリビングから「あっ!トンだっ!!」という声が聞こえ・・・
2歳の息子が、階段を勢いよく走って降りてきます。

帰ってくるのを今か今かと待ってくれたかのように・・・
「おとうしゃん、おかえりっ!!」と、叫びながら、飛び込んで抱きついてきます。

1歳の娘は「だっこ、だっこ!」と、まだ数種類しか覚えていない言葉で、足にすがって来ます。(^^)

これが、今、我が家の毎日です。

その後は遊びタイム。
高い高いから、飛行機遊びまで一時間ぐらい遊んであげて、その後、お風呂・歯磨き・寝かしつけが大変で、体力的に辛いと思ったりしていますが、この、当たり前のような今の日々が、特別に思える日が、私達にも自ずと来るんですね。(TT)

我が子と親子の会話もしないないなんて、将来にわたって考えられませんが・・・
自分の子供の頃を思うと、母や父とはまともに口もきかなかった時期が、中学校~高校と数年間あった訳でして。(汗)

毎日、騒々しい我が家が・・・
夜帰って玄関で「ただいま」と言っても「し~ん」と、何も返答がない日がいつか来るなんて、正直考えられません。

でも、我々もどんどんと歳をとって、今のこの毎日を忘れ去り、ときどき記憶の彼方から掘り起こし懐かしむ日が、必ず来るんです。

そう思うと・・・
今日のこの毎日を大切にしなければと、感慨にふける私です。(TT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

習い事

幼児の習い事、多岐に渡ります。

習え無いモノはないと言ったほうが正しいかもしれません。
幸せな国ですよね。(^^;)

その中で、不動のベスト3があるそうです。

1位:水泳
2位:音楽教室
3位:英会話

水泳が断トツの一位なんですって。
個人的に意外で、驚きました。

我が妻にも、先日・・・
「息子を水泳教室に通わせたい。」と、突然相談を受けました。

なんでも、「喘息改善」「神経発達」「体力UP」と、素晴らしい効力があるのだとか。

でも、放射能が入っているであろう水道水に塩素をタップリと入れたプールの水です。
水泳を長くやっている人は、髪の毛が塩素で脱色されてしまうと聞きます。
口呼吸の癖がついて「鼻呼吸」が出来なくなり、アレルギーや病気をしやすい大人になるなんていう研究者もいたりいなかったり。

そんな話を妻にチョコッしたら「水泳の話は、無し!!」と、即断。(^^;)

ちなみに、大人の世界で成功を収めているスポーツ選手や音楽家の多くは、2歳のころからそのスポーツや音楽に触れてきた人たちばかりです。

世界的なバイオリニストの神尾真由子さんは・・・
「バイオリンは、出来るだけ速く始めないとダメ、4歳から始めた私も遅かったと思う。」
と、何かのインタビューで答えてました。

イチローが、野球を始めたのが3歳。
辻井伸行がピアノを弾いたのが2歳。
石川遼がゴルフのクラブを握ったのが6歳。

もし、イチローの父(チチロー)が息子にサッカーをやらせていたら、今のイチローは大リーグのどこにも存在していなかったわけです。もしイチローに歌手にしようと歌を教えていたら、今頃、人知れず場末のスナックでドサ周りをしてたかもしれません。

つまり、親が何を教えるか、何に導いてあげるか・・・
それが、子供の人生を決めてしまうといっても、過言ではないんですよね。

隠れた才能を導き出してあげたい。
親として思うんです。
そして、才能が無くても・・・
「できれば、成人になるまでに将来の糧になるものを身に付けさせてあげたい。」
「できれば、将来、自分の力で裕福に暮らして行けるようにしてあげたい。」

そう考えると・・・
自分の人生以上に、物凄い真剣勝負となります。

今、息子は2歳9ヶ月。
待ったなしです。

そういえば、ジャンルが全然違いますが、宇多田ヒカルは、ニューヨークの小学校で2年生の時、成績優秀で飛び級してるんですよね。(^^;)

留学かぁ~(金無いなぁ~。)

とりあえず、身体能力を上げるために・・・
我が子は、徳州会の体操クラブに通わせてます。
まず目先の目標は、私が出来ない「逆立ち!」その後「側転」と「バク転」です。(^^)

先日、新聞に小学5年生のこんな投稿がありました。
--------------------------------------------------------
土日以外、毎日バスで塾に通っています。
塾は夜9時までで、家に帰ってくると9時半を回ります。
帰りの夜道は、知らない大人が突然近づいてきたりと、度々怖い思いをします。
せめて、習い事は7時か8時までに終わって欲しいです。
子供達が安全に学べるよう、もっと早い時間で終わらないでしょうか??
--------------------------------------------------------

学ぶのは、学校だけで十分じゃないです?
就職難・リストラ・企業倒産の吹き荒れるのこの世の中・・・
子供を危険な目まで合わせて、毎日塾に通わせる必要ってあります?

勉強って、大人になってからでも、いつでも出来るんですよね。

塾漬けにするのって、子供の人生を「勤め人」にする事を親が決めちゃう事になりませんか?
良い学校でて、大手に就職しても、リストラに震えながら安月給げ我慢する。勉強だけをしてきて22歳になり、思うように就職できずに呆然とする子供達が現状です。

大学出てから「自分探し」なんて、悲しすぎませんか?
今まで、何してたの・・・と。
自分の子供と置き換えたら、想像するだけで涙が出ます。

スポーツだけでも数百の選択肢があり・・・
楽器も100は裕にあります。
単に唄でも、演歌からオペラまで。
作家・書道家・詩人にetc・・・

ピアノはダメでも、シンバル叩かせたら天才的という可能性もあります。
歌はまったく下手糞だけど、作曲させたら凄いかもしれない。
味音痴だけど、寿司を握らせたら天下一品!?

無限の可能性を目の前に、何をチョイスしていくのか。
自分の息子の将来は、怖くもあり、楽しみでもあり。

ただ、20年後の日本を普通に住める世の中に保つ義務も我々にはあります。
納税者として日本を支えなければならない宿命も感じる今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

新規物件掲載

鎌倉市内の売主物件の新規掲載です!!

鎌倉市玉縄5丁目売り地
http://www.heisei-shonan.co.jp/urinusi-tamanawa5.htm

鎌倉市大船4丁目売り地
http://www.heisei-shonan.co.jp/urinusi-oofuna4.htm

そして、鎌倉市大町4丁目の物件を大幅値下げしました。
http://www.heisei-shonan.co.jp/urinusi-omachi_t.htm

UPするのに、3時間掛かりました。(^^;)汗汗
是非、ご覧くださいませ。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

塾ってなんなんでしょう?

最近、塾講師がブームらしいですね。

Ima

この宣伝を目にするようになって・・・
すっかり忘れていたある疑問が、また噴出してくるようになりました。

義務教育で入ることが出来ない中学・高校って、何なのですか?

教えるのが学校の仕事です。
であれば、不出来の子供達を選ぶべきじゃないの??
中学・高校は、入って初めてその学校の教育を受けられるわけですから、重要なのは子供のノビシロのはずです。

なのに、学習塾に通って、入試の傾向と対策を学ばないと入れない有名中学校や高校。
公共の教育だけでは、入試すらできない。
子供の可能性を求めなければならない学校が、知識だけ詰め込んだ生身の暗記装置ばかりをかき集めている現状に、物凄い矛盾を感じます。

中学受験に、月5万円~7万円をかけ、有名学習塾に通う子供たち。
学校で何時間も机にすわり・・・
学校から開放されたら、その夜に都会のビルの一室で、夜遅くまで小さな机に拘束される。そして、とにかく頭に数式や漢字や歴史年表を詰め込む。

大金叩いて有名学習塾や予備校に通わないと入試の問題がまるでわからない大学。
でも、大学が求める学力が塾や予備校で補えるなら・・・
大学はいらない事になります。

4年制の塾で事足りるわけです。

個人的に、学校の入試試験は、公立教育で賄えるレベルにするべきだと思います。
で、詰め込んだ知識の量だけで子供を選定するのを止め・・・
人間としての面白みや可能性を見出す入試を行い、それを最大の基準にするべきです。

学習塾って、おかしいでしょ。
学校の勉強を補助するのであれば、意義があります。
でも、学校の勉強のはるか先を教える有名学習塾は、すでに学校教育の否定そのものになってしまっています。

そして、それらの学習塾は、入試だけが、存在意義です。
入試が簡単なら、塾は存在しないんです。

そう考えると、大学と塾は、裏で結託してるんですかね??

今日も新聞の折込に「東大合格146人」「入試問題的中!」という某学習塾のフルカラー広告がでてました。(^^;)

夜遅くまで小さな子供達が、飯も食わずに都会のビルの一室で机に座らせられている光景。近眼になりメガネを掛けている小学生。月5万円を超える月謝を払いながら、車で送り迎えする親御さん。

異常でしょ??

でも、そうしないと入れない東大などの多くの国立大学。

つまり、子供を知識の缶詰にするその光景を、国が暗に認めているんですよ。

進学塾の勉強がどうしても必要なのならば・・・それを学校がしなさいよ。
それを学校が出来ないのであれば、公立大学の入試は、公立高校の授業で理解できる程度に、難易度を落とすべきです。

そうしておいて、大学の授業についてこれないのであれば、ドンドンと落第させればいい。

私が中学生の時・・・
勉強を全くしなかったので、通知簿は体育を除いてみんな赤点。
3年生になって、進路指導の三者面談で母は「公立高校は無理」と先生にいわれました。
超貧乏だった我が家は、私立なんで行く金はどこにもありません。(^^;)

顔が青ざめた母は、その日のうちに、知り合いに紹介してもらった地元の小さな学習塾に泣きつきました。

開成や栄光学園に入れて欲しいなんていう話じゃありません。
どうにか「どべ」の公立高校に入れて欲しいというお願いです。

私の通知簿をみた塾の講師であり代表者である市川先生は・・・
当時「こりゃ、難しい」と、苦虫を噛み潰したような顔だったそうです。(笑)

でも、半年塾に通った結果、なんと奇跡的に湘南学区の一番下の公立校に滑り込むことが出来たんです。

その塾は、アットホームで家で勉強をしているような雰囲気でした。
塾に行ってまで寝る私に、暖かく接してくれました。(^^;)

あれが、学習塾の本来の姿だと思います。
学校について行けない子供達を拾い上げてくれる。
落第生の力になってくれる。

寺子屋というイメージです。

もう、24年も前の話。

その、市川先生とは、今でもお付き合いがあります。

先生、あの時は、大変お世話になりました。
行った学校が馬鹿ばっかで、その後だいぶグレましたが・・・

今、いっぱしの不動産業を生業にすることができました。
有難う御座いました。m(_ _)m

「子供の頃、からっぽの頭だった方が、大人になってノビシロがある。」
これ、私の持論です。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月15日 (金)

新百合ヶ丘と大船再開発

最近ディスクワークに追われていましたが、今日は、朝から久々に飛び回って今、帰宅。

9:30~玉縄現場
11:00~逗子のお客様
11:30~大町現場
12:00~事務所に戻って・・・
13:00~新百合ヶ丘
16:00~辻堂の三井のリハウス
16:30~横浜地方法務局湘南出張所

新百合ヶ丘は電車移動。
懐かしい小田急江ノ島線に久々にのりました。
この路線は、高校生のころに3年間通った電車なので、懐かしいのです。

私の高校は長後にあり(今は老人ホームになっちゃった。)
その間に藤沢本町・善行・六会・湘南台と、高校が7校ぐらいあって、まさにビーバップハイスクールそのままの世界でした。(^^;)

話が脱線しそうなので、元に戻ります。

鎌倉周辺は、町が雑然としていて、道が狭くクネクネ。
大船・逗子・戸塚・藤沢と・・・我が地元湘南は、どの町も似たり寄ったり。
そんな湘南育ちの私、新百合ヶ丘に行って、ビックリ。

「なんだ?町の色が違う・・・ぞ!!」

駅も含めて、町全体が、「パァー!」と明るい。
くすんだ地元の色になれた自分にとって、なんともまぶしい!!

南口を出たら、2階の位置のはずなのに、地面のような錯覚を覚えます。
巨大建造物「ペデストリアンデッキ」ですね。
でも、横浜駅みたいに違和感が全くない。

ビルに囲まれているのに、開放感があって緑が豊富。
5mぐらいの高木がいたるところにあり、それを避けてペデストリアンデッキが建造されているので植木を持ってきて取って付けた感がまるでない。

緑が勝っている錯覚を覚えるほど・・・!
スバラシイ。(□°;)

また、各ビルへの導線が素晴らしく・・・
なんの違和感も無くビルの中を通って通勤通学が出来る。
歩行導線の工夫が感じられますね。

そして、わき道が真っ直ぐで、ペデストリアンデッキが永遠と続く。
町並みが、とても洗練されてる。(^^;)
浜っこの憧れ新都市「横浜港北」の町並みよりも、一体感が格段に優れてる。

素晴らしい。
これが、正しい都市計画ですね。
これが、まちづくりですよ。
新百合ヶ丘を見てしまったら・・・
戸塚の駅には、ちょっといけません。(TT)

鎌倉市にいたっては・・・
お金を掛けて、数十年前に作った「古~い」都市計画を、未だにチマチマやってます。
50年前の計画が、未だに施工予定で残ってるという馬鹿さ加減。

街のいたるところに、計画決定した道路があり・・・
それが数十年、手付かず。
「なんでこんなところに計画道路があるの?」と、無茶苦茶なものが多く・・・
それを鎌倉市は表向き「やる」と言っている。(汗)
私が市長だったら、全部ハタキで「パンパン」と叩きたいぐらいの、ほこりだらけの計画です。

しかも何十億円も掛けて、由比ガ浜商店街の歩道を50cm広げるとか、なんとも無意味な事をやってる。

なにやってんだ!!(▼▼#)
しっかりしろ、鎌倉市!!
海外視察なんて行ってないで、新百合ヶ丘を見て来いっての!!

そうそう、そういえば・・・
JR大船駅で、再開発型の超高層ビルが事業決定したの、ご存知です??
場所は、この辺。

Ofunakita2_3
大船駅北第二地区再開発地域です。
地下1階・地上27階建て、鎌倉始まって以来の高層マンション!!
http://www.kensetsunews.com/?p=6893

延べ面積は6万4500㎡。
住宅戸数は350。
地下から6階までが商業施設。
駐車場は400台。

鎌倉も珍しく思い切ったことやるな・・・と思ったら・・・
横浜市栄区なんですね。(^^;)

なんと、来年から急きょ着工を発表。
そして、住民説明会が慌しく開催されたとの事。
街を切り売りするかのごとく、部分的に継ぎ接ぎで開発してしまうと・・・

後々、絶対、おかしなことになるのですが。(TT)

まあ、となりの横浜市の計画なので、文句は言えません。
でも、大船観音よりも高いビルが出来ると、大船の景観は、大きく変わると思われます。

どうなるのか。
鎌倉市民として、横浜市のお手並みを拝見するしか、手立ては無いのです・・・(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

絵師、岡里美さん

我が家は、現在、にぎやかです。
山形から、妻のご両親がいらっしゃっており・・・
息子・娘は連日、大興奮。(^^)

息子は、初日興奮しすぎて、翌日から熱を出して2日ダウン。(それほどです。)

頭痛に苦しみ、2日、何も食べられなかったのですが・・・
3日目の朝、目覚めとともに・・・
何事も無かったかのように・・・
「じ~じ!!、ばぁは~!!」と、大はしゃぎ開始。(^^;)

2歳児は、予測不可能の大型台風のようですね。

で、体調も戻ったので、折角山形から来てくれたご両親へのプレゼントに、皆の似顔絵を書いてもらいに行く事にしました。向かうは、東京ジョイポリス!!
はい、前回ご紹介した似顔絵士「岡里美」さんに書いてもらうためです。(^^)

ちなみに、お台場・・・、私、生まれて始めて行きました。
何か特別な目的が無ければ、絶対に行こうとは思わない場所です。(私的に)
岡さんが、お台場でお店を開いてなければ、多分、一生いかなかったかも。

フジテレビ社屋を見上げながら、早速、ジョイポリスへ。
Jyoi9

巨大なゲームセンター的な感じですね。
そして、パチンコ屋的な音響です。(^^;)

入り組んだ1階の奥で、岡里美さんの似顔絵ブースを発見。
早速、書いてもらいました。
Jyoi5

「去年の9月に八景島で書いてもらった絵が感動して・・・」
という話を妻がしてます。
でも、騒音が凄くて話し声が私まで全く聞こえてきません。
お父さんお母さんも、騒々しさに面食らってます。

こりゃ、とても落ち着いて絵を描ける環境じゃないな。(^^;)
妻は、一つの色紙に6人を書き入れてもらうことにしたよう。
もちろん、息子は、じっとしておりません。
走り回って、大騒ぎ。

まず、子供達の下書きをどうにか押さえつけながらやってもらい・・・
その後、母と父。
そして、妻、私の順番。

下書きだけで、おおよそ30分。
岡さん、毎度、大騒ぎで申し訳ありません。

Jyoi4
(画像をクリックすると拡大します。)

それにしても、次々に依頼客が来ます。
我々の絵を書いている途中も、3組ほどが来て、待ちの方がその他に2人。
大人気のようです。(^^)

仕上げに30分ぐらいかかるので、その間にジョイポリスを息子と探検。
私がアトラクションの中で、唯一目を引いたのはこれ!!
Jyoi8

本物の自動車の車体を使った、ドリフトゲーム!!!
ドリフト漫画の「頭文字D」の実態版ですか。
面白そうだけど、2歳児がいたら、乗れません。(TT)

その他は、殆ど映像型のアトラクションで、上映時間的なものがあって、幼児が一緒だと難しいものばかり。

結局、一つもアトラクションをせず、退散しました。

ちなみに、私が一番ジョイポリスで感心したものは・・・
これです!!
Jyoi6

はい、トイレです。(^^;)

小便器の目線の位置に、こんなモニターがあって・・・
なんと、小便器にいたおしっこの量をリアルタイムで測るという・・・

面白すぎる!!!!

Jyoi7

私の尿量は、本日、520ミリリットルでした。(^^;)

そんなこんなしている内に、絵が出来て、受け取って、すぐに退散。
岡里美さん、有難う御座いました。
また、半年後に来ます。

(最後、トイレの話で終わって、申し訳ありませんです。m(_ _)m)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

新しい住宅エコポイント

円がドンドンと安くなっているので・・・
建築資材の輸入材が高くなってきている今日この頃。

ホワイトウッドや合板、欧州の漆喰やタイル、什器などの値上がり始めています。
で、国産に切り替えようかという業者が増えるであろう見込みですが・・・

復興・防災需要で、国内の建築資材も急激に値上がりを始めています。
特に、コンクリート、そして、鉄骨が深刻です。
砂利や砂が値上がりし、鉄骨に至っては、去年にくらべすでに1.3~1.5倍まで右肩上がりで値上がりをし続けている状況です。

鉄が上がると、一般住宅の基礎工事や擁壁工事費に直撃します。
また、最も影響を受けるのがRC造の建物。
鉄筋とコンクリートで作る住宅は、単純に1.3倍が圧し掛かってくると思っていて間違いありません。

当社も現在、計画しているRC造の建物があります。
その打ち合わせを小雀建設さんとしたとき「今後、更なる値上がりが懸念されるので、割高になるのは覚悟してください。」と、言われて軽くめまいがしました。(^^;)

復興需要は、このあと1年がピークといわれており・・・
防災需要は、今後数年続くといわれています。

すでにコンクリート不足、鉄骨不足になっているので、今後、さらなる値上がりが予想されます。

そして、全国的にトビ職の人手が不足に陥っているのですって。
一時、「コンクリートから人へ」という国の指針で、公共事業が大幅に減らされる事となり、リストラが吹き荒れていた建設業界。
それが、打って変わって、公共事業ワッショイ!ワッショイ!

橋もトンネルも線路も道路も全部作れ!!
脱ダムなんて、なんの話?
ダム作れダム作れ!!
合わせて脱ダムで、ダムの代わりに計画していた河川工事もしちゃえ!!
そして、太平洋側は、全て巨大堤防で覆うぞ!!

公共事業の大祭り!

大手ゼネコンから・・・
仕事を請ける中小ゼネコン・・・
その孫受け企業・・・
全てを巻き込んで、トビ職人の取りあいが発生しています。

だから、零細企業は仕事が取りたいけど、職人がおらず、逆に仕事が出来ないほどなんっですって。

これにより、人工(にんく)も右肩上がりで値上がりしており・・・
それに便乗して悪質な新規参入者や、未経験者や未熟なトビが増え続け、注意が必要
な状況といえます。

そんな中、良いニュースがありました。

去年から、新しい住宅エコポイントが今年から始まるという噂があり・・・
国からの正式発表を待っていましたが・・・
ようやく、具体的な内容が出てきました。

その名も林野庁による「木材利用ポイント事業」
http://www.rinya.maff.go.jp/j/riyou/point/index.html

①今年の4月1日以降に工事着手及び請負契約をした住宅が対象
②主要構造部分に国産地域材を使用した住宅

これらの住宅を立てた施主に対し、30万円分のポイントを補助!
さらに、一定規模の内装材に国産材を使用した場合、30万ポイントほ補助!!

合計最大で60万ポイントとなります。(^^)

申請方法や、必要な証明書等、そして内装の使用量に関して、詳細はまだ発表されていません。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/riyou/point/pdf/130308-01.pdf

当社は、構造材が和歌山の山長商店さん。(紀州の杉・檜)
内装は、床を信州のカラマツ。(使ったり使わなかったり)
外装の一部を、エスティックウッド。

国産材が豊富です。(^^)

工事費に当てることが出来る「即時発行申請」も出来るようなので、建売住宅にも利用可能です。

正式発表を首を長くして、待っている状態です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月)

大震災から2年

東日本大震災から2年ですか。
もう二年、まだ二年・・・、二つの思いが重なります。

もう、4年も5年も前のように思ってしまっている自分が居ます。
でも、まだたった2年です。
これは農耕民族の「持って生まれた力」の作用なんだそうです。
遺伝子に組み込まれた「忘れる力」。
だから、忘れないように努力しないと、あっという間に意識外。

自然災害は、受け入れられます。
どんなに大きな災害でも、自然が生み出す酸素に生かされている人間ですから。

でも、放射能というとてつもない人害が存在し続ける以上・・・
忘れない努力していかなければなりません。
経過年数を錯誤するなんてとてつもない馬鹿野郎ですよ。(▼▼#)

昨日、長谷寺で東日本大震災でお亡くなりになられた方への弔いが盛大に行われたそうです。
Hasetera

上記写真は、鎌倉の老舗である御成不動産さんのブログより拝借しました。
http://onr.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-4e40.html

(御成不動産の大島専務さま、素晴らしい写真を有難う御座います。)

日本全国で、同じように祈りがささげられているのですね。

2年前の今日、犠牲になった多くの方々、そして今なお行方不明の方、こころよりご冥福をお祈り申し上げます。
そして、一日も早い復興を、願って止みません。

そして、原子力の脅威を、日本に住む我々が忘れてはなりません。

放射能は・・・
今なお福島の原発からあふれ出ているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

空が黄色

今日は、朝からマンション購入をご相談いただいているお客様のご案内。

早朝、車を見てビックリ。
黄色のパウダーをひっくり返したかのように、砂がボディーにこびりついてます。
中国からの黄砂か、はたまた花粉か?

2日前に洗車したばかりの車ですが・・・
フロントガラスは、拭かないと景色が見難いぐらいの状況です。(^^;)

ちなみに数日前から、体調も芳しくない私。
風邪の初期症状ような状態なのですが、なんだか鼻の中に幕が被ったような、今までに経験したことのない風邪の症状。
風邪薬を飲んでも、よくならず・・・

数件の物件をお客様と見て、お昼ごろに藤沢市大庭付近の県道を通ったら、なんだか、景色が黄色っぽく見えます。

外に出ると、鼻水とくしゃみが止まらない。
そして、頭痛。

ムムム。(°°;)

案内が終わって、2時ごろに車を運転して帰社。
その道すがら、目がショボショボ。

ヌヌヌ。(TT;)

そして、会社に帰って、友人のつぶやきを見たら・・・
都心がとんでもないことになっているではありませんか!!!!!

今日、日中の新宿。
Mu1 

黄色なんてどころじゃない!!
これ、本当に日本?
中国の北京の間違いでは??!!!!

そして、今日のスカイツリー。
Mu2

遅れてきた世紀末か。(大汗)

これ、煙霧という現象なんだそうです。
強風が地上のチリを巻き上げ、一定箇所で対流するのだとか。

つまり、黄砂・ダスト・花粉・放射能が全てブレンドされた特別な大気というjことになります。

そして、噂では・・・
「今日一日で、昨年のワンシーズンの花粉量が飛散している」
というではありませんか。

私・・・
39年生きてきて、唯一の自慢は「花粉症知らず」だったのですが・・・
どうやら、本日、誰がどう見ても花粉症を発症したようです。

ものすごいショック。

そして、今、この文章書いて・・・目がかゆくなってきた。(TT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

執念の捜索

去年の夏の終わり・・・
八景島シーパラダイスに訪れた時、閑散としている園内の隅に・・・
似顔絵屋さんが出ていました。

普段は、絶対に書いてもらおうとは思わない私ですが・・・

妻の「家族4人で書いてもらおうか?」という何気ない言葉に、珍しく従ったんです。

2人絵師さんが並んでいる中、「一切悩まない派」の私は、左の女性を直感で選択。
さあ、書いてもらおうと思ったら、長男が直後に逃走。(^^;)

走って追いかけて、抱っこして連れてこようとしたら、大暴れ。
「あっちに行きたいぃぃぃぃぃ~、ギャー」
まるで、誘拐犯の私。

しまいには、地面にふっつぶして、大の字&号泣の有様。

仕方ないので、妻と娘を先に書いてもらい、私と息子は別々に書いてもらうことに。
嫌な顔一つしない若い女性の絵師さん。
ニコニコと手際よくパパパッと書いてくれて、じっとしていない息子&寝てしまった娘は、妻の携帯に入っていた機嫌の良い時の写真で笑顔チェックまでしてくれて・・・

そして、下書き10分、仕上げ30分ぐらいという短時間で出来上がったのがこれです!!

Kao

私の顎だけが、玉に瑕ですが・・・
正直、ビックリするほどの出来栄えです。(^^)

そのときは、息子が大騒ぎでろくにお礼も出来ずにその場を去ってしまいましたが・・・
家に帰って、その後見に入るたびに、その出来栄えに益々驚きを覚え・・・
リビングに飾って、なんだか毎日部屋の中が華やぐ。(^^)

そして、妻の友達が家に来るたび「いいなぁ、これ、うちも欲しい~」と羨望の的なのだとか。

でも、誰が書いたか解らない。(^^;)
八景島のHPから、プロダクションを探し出して、そのHPで紹介されている作家さんの絵と見比べるも、同じ絵が無い。
サインは、達筆で読めない。(TT)

プロダクションに画像を送って確認してもらい、作者の確認をしてもらうも・・・
すでに退職してしまった人で・・・
「どこで何をしているか把握していない。どこかで画家をしているのではないか??」
という回答。

ただ、プロダクションさんの好意で、お名前をお教えくださった。(^^)

ネットで調べたら、居たっ!!
http://nigaoesyokunin.com/index.html

似顔絵職人というWEBサイトで、まだ、似顔絵を書いてらっしゃるよう。
ご自身のブログもありましたぁ~。
http://ameblo.jp/satomi1203/

岡里美さん!
あの時は、有難う御座いました。

今は、東京のジョイポリスで出店されているようです。
遠いなぁ~。(TT)
できれば、1年ごとに彼女に家族4人の絵を書いてもらいたい!!
大人だけだったらヘッチャラな距離ですが、暴君の息子がいると・・・(^^;)

今日は、小田原シティーモール2F遊キッズ愛ランドで1日かぎりの出店されているけど・・・
無理だな~。

とにもかくにも、凄腕の似顔絵やさんの紹介でした。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

トラブルはつきもの

ジェラート店の方で、トラブルがあり・・・
2月から不動産部に従事していた木村壮が、急きょジェラート店に戻ることとなりました。

何日になるか解りませんが、当分、木村はジェラート店を賄うこととなりそうです。
つきましては、木村の「新入社員ブログ」は、少しの間、お休みとなります。
また、「建築現場紹介ブログ」は、私柳が継続してご紹介して行きますので、よろしくお願い申し上げます。

イチローが言っています。

自分が全く予想できないボールが来た時、どう対応するかが大事。
試合で打ちたいボールはまず来ない。
好きなボールを待っていたのでは、試合が終わってしまう。

悪玉打ちで有名なイチローならではの言葉です。(^^)

羽生善治がこういってます。

将棋や人生は常に想定外の事が起こります。
しかし、そのたびに動揺していると上手く対応できません。
むしろ、その想定外を楽しむぐらいの気持ちでいるほうが、良い決断が出来る。
想定を超えたところで決断を繰り返すことで、決断力は磨かれます。

人間は、とっても複雑です。
私自身、39年生きてきて、自分のことをよく理解できていません。
そんな自分すら理解できない人間同士が、相手の事なんて解るわけないんです。

仕事というのは、トラブルが必然。
様々なトラブルと対峙するのが仕事と思ったほうが正解です。
それにどう対応するのか。

人に頼らず、自分で解決する「意思」が大事です。

まさに、何万手までの読み比べをする将棋の如く難解ですが・・・

そこが、とぉ~っても大事ですね。

ただ、絶対にぶれてはならないのは・・・

お客様が居なければ、企業は存続できない」by鹿毛康司さん

ここ、とっても大事です。
トラブル対峙は、自己の中の話。
その外には、かならずお客様が居ます。

お客様をおろそかにしては、絶対にいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

妻が一番好きな人

第一週の火曜日は、毎月お休みを頂いております。(^^)
といっても、会社は営業しておりまして・・・
私・秋山・梁が月一の連休となります。

結構、私宛に連絡が入り、ご対応できずに申し訳ありません。m(_ _)m

ということで連休の初日は、ちびっ子二人を連れて、新江ノ島水族館に行ってきました。

平日だというのに、物凄い人です。
なんでも、幼稚園と小学校の遠足が重なっているのだとか。
我が子は、入り口までくると、両親を振り切り、館内に突進っ!
それを追う妻。

今日は、私が娘担当。

あっという間に見えなくなった息子と妻。(汗)
それを、よたよたと歩く娘と追っていると・・・
なんだか、様子が変です。
人の大さもさることながら、大水槽の前のあたりがやけに騒がしい。

で、上からのぞいてみると、撮影隊が居ます。
「なんだぁ~、また撮影隊かぁ~」

誰が来てるのかよく見てみると、その中にひときわ目立つ、あれが!!!
あれですよ!あれ!!

これ↓↓
Sakana7

箱フグの・・・か・ぶ・り・も・のっ!!!
(非売品で、上のバンダナしか売ってないんですよ!知ってました??)

はるか前に行った妻に、私の大声!!
「美紀!!さかな君だ!!さかなクンが下にいるぞぉぉぉぉぉぉぉ~!!」

私の声がこだまし終わる前に、1人、猛ダッシュで戻ってくる妻。
で、上から箱フグのかぶりモノを発見すると・・・

「うわぁぁぁぁ~、本物だ!!!」

そう絶叫するや否や、足元に付いて戻ってきた2歳の息子を小脇に抱えたと・・・
思ったのもつかの間・・・
「さかなく~ん!!」と猛ダッシュ。(爆笑)

結婚生活5年目、妻渾身の全力疾走を、今日、初めて見ました。
というか・・・
足が、こうなっている人を、初めて見ました。(爆笑)
Baka

それにしても、凄い人だ。近づけない。
Sakana
(クリックすると、拡大します。)

すでに妻と息子を、見失っている私。
かき分けて近づこうとするも、スタッフも入り混じって中々近づけません。
Sakana2
(クリックすると拡大します。)

おお、初、本物の生さかなクンです。(ギョギョ!!)
ズームして撮ってます。

そのすぐ横に、妻の姿発見。(笑)
すでに、近づいてる。

なにを隠そう、妻の一番好きな芸能人は・・・、さかなクンなんです。(^^;)
テレビに彼が出ると、プチカーニバル状態です。
その憧れの彼が、今、目の前にっ。
どうにか握手に漕ぎ着けたいのだけれど、撮影が途切れず、スタッフにガードされ・・・

Sakana3

つるのたけしさんと、女優?さんが居ます。
館内は、「つるのがいる!!」と騒然となっていますが・・・

妻にいたっては、箱フグオンリーで、つるのたけしはまったく目に入っていません。

撮影中、夢中で魚の特徴をしゃべり続けているさかなクン。
そのさかなクンに夢中の妻。(^^;)

どうにか握手して、そのツーショットを納めたい私と、後を付いて右往左往。
Sakana5

Sakana6_4

しかし・・・
暴走機関車の「息子」が居ては、中々思い通りに行かず・・・

結局、握手もツーショットも実現できませんでした。
ただ、手を振ってくれたらしく、大満足している妻。

妻の話によると、足元で息子が何度も乱入を繰り返しているので、映像には絶対に映りこんでいるらしいです。
つるのたけしさんが居たので、多分、日テレの「ひるなんです」だと思われます。

映像チェックしなければ。(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

片田敏孝さん

数日前、新聞にマニュアル社会に警笛をならすインタビュー記事がありました。
その御方は、片田敏孝さん。
群馬大学工学部教授で、「釜石の奇跡」を生んだ張本人なのだそうです。

私、恥ずかしながら「釜石の奇跡」というものを、この記事で初めて知りました。(^^;)

国が30年掛け完成させた世界一の防波堤がある釜石市。
全長2km・海面高8m・水深63m・厚さ20メートルの防波堤です。
総工費1200億円!!
ギネスブックにも認定されたその巨公共物が釜石を守ると、国はお墨付きを出していました。

東日本大震災時・・・
その堤防はおもちゃのように津波に飲み込まれ、あっという間に釜石市は津波に襲われました。
しかし、岩手県の多くの児童が津波により命を無した中、釜石市の小中学生は約3000人の殆どが無事だったんです。それだけでなく、子供達が警報を待たず、大人たちに避難をさとし、幼稚園児たちを連れて、高齢者を助けながら避難をした。

これを「釜石の奇跡」というそうです。

大人の言うとおりにして、多くの子供達が命を落とした中・・・
なぜ、釜石の子供達は、大人達より速く自分の意思で逃げる行動がとれたのか!
なぜ、自分だけでなく他者も助けることが出来たのか??

それは、群馬大学・災害社会工学研究室にいた片田敏孝さんが8年間にわたり、釜石市と津波避難対策を検討し防災教育を子供達に行い、さらに、防災訓練を行ってきた結果なのだそうです。

「想定を信じるな」
「状況下で最善を尽くせ」
「率先避難者たれ」

これが片田さんが作った釜石市の「避難三原則」です。

その奇跡を起こした片田敏孝さんがこう仰っていました。(朝日新聞記事抜粋)
------------------------------------------------------
ハザードマップは、信じてはいけません。
想定は否定しませんが、頼り切ることが問題なのです。
危険な場所を地図に示すことを求める行政依存が問題です。
何かにつけ「行政に責任を問う日本の社会構造」に根源があるように思えてならない。
自分(家族)の命を他人任せにしてはいけない。
自己責任ですよ。

子供達は、自分で判断して行動できる姿勢を育てるようにしなければならない。

日本の教育は知識獲得形。
知識だけの受身の人は、避難勧告が出たら逃げてくださいといわれると・・・
勧告がないと逃げなくてもいいと受け取ってしまう。

教育をマニュアル化してはいけません。
たとえ教え方が下手でも、子供達の命を守りたいと先生が一生懸命話せば、それほどの状況に自分達がいると感じて、姿勢が変わってくると思います。
姿勢は、知識で伝えるのではありません。

最初に逃げるのは腰抜けと言われるかもしれないが・・・
勇気を振り絞って逃げるんだと教えました。
逃げれば、それを見た人が逃げ、多くの人を守ることになると教えました。
釜石では、それを実行した子供達が多くの大人を救いました。

今の社会は、何か問題が起こると、再発に備えマニュアルを作る。
それを超えると、またマニュアル。
どんどんと、マニュアルだけが厚くなる。

そろそろ日本は、高度依存体質の社会から脱皮しないといけません。

防災は、敵を知り、己を知り、己を律することだと思います。
ただ、敵よりも、知るべきは、己です。
人は安易な方向に考える生き物ですが、震災が起きた時、マニュアルなど見てないで、逃げようとしない自分を律し逃げる必要があるのです。
------------------------------------------------------

マニュアル依存、企業依存、社会依存・公共依存・・・
現代教育、現代社会への警笛です。
そして、仰っていることが、頭の悪い私と同じで、とても心強く感じました。

今まで、片田さんとその奇跡を存じ上げなくてなんとも恥ずかしい気持ちでいっぱいです。
日本にも、まだまだ偉人がいっぱいいます。
全然、捨てたモンじゃない。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

何故、夢を見るのか?

最近、2歳9ヶ月の息子がよく寝言を言います。(^^;)

何を言っているか解らない事が多いいのですが・・・
寝ながら、数秒、言葉を発します。

この間は寝ながら「かふぉ~ちゃん、ダメよ!」と突然言って、ビックリしました。

かふぉちゃんとは、娘の賀穂(かほ)のことです。
妻が毎日、笑顔でいたづらばかりする娘に「かほ、ダメよ!」と言っている情景を、夢で見ているのでしょうか?

「ほ」の発音が上手くないので「ふぉ」となります。
いたるところに、小さい「ぉ」や「ぁ」が入るので、英語なまりのようにきこえて・・・
なんだかカッコ良い息子です。(^^)

2歳ぐらいから、寝ながらニヤケたり、ゴロゴロ転がったり、立ち上がったり。
妻曰く「夜、突然走り出してそのまま寝ることもある。」とのこと。(汗)

私は別部屋に寝かせてもらっているので、寝ながら突然走り出す息子は見たことがありません。(^^;)
でも、妻からその話を聞いて、かなりドキッとしました。
実は私、子供の頃、夢遊病の毛がり、発作持ちで往生しました。

決まってみる夢があって・・・
覚えているのは、真っ白の空間に真っ白い地面。
その地面が「ぐわんぐわん」とうねっているんです。
で、何かが追いかけてくる。
そのうねる地面をモンドリ打って逃げる。
そうすると、もう上も下もわからず、白い壁・床・天井が湾曲して押し迫ってくる。
で、身も心も押しつぶられそうな感覚と、締め付けられる息苦しさ。

この夢をみると、決まって「ギャーッ!!」と、夜中に30分ぐらい大無き・大暴れ。
引きつけを起こして、恐怖におののいて。
その他、寝ながら家を歩き回る。
外に出て行ってしまったこともあるそうです。

できれば、私の変テコな血を受けつがないで欲しいのですが・・・(‐人‐)

40近くになり・・・
そういえば、夢って見なくなりました。
最近は、朝起きて、殆ど夢の記憶がありません。

子供の頃、毎日エキサイティングな夢ばかり見ていましたが、年齢を重ねるごとに夢って見なくなるんですかね?

夢は、脳の記憶貯蔵庫にある過去の記録なんだそうです。
その過去映像が複数ミックスされて再生されたものが夢。
つまりは、怖い夢も楽しい夢も全て、一度実際に見たものなんです。

その中から、人は、不運なものや、嫌だった記憶を無意識にチョイスするように出来ているのだとか。

楽しい夢を見る確率は、嫌な夢を見る確率の7分の1ぐらいの確率なんですって。

「夢は、危機のリハーサル。」
夢を研究する学者の間では、そんな表現がされています。
人は、窮地での対処法を夢で予習する。
そして、実際の危機に対して、素早く対応できるようになる。

つまり、悪い夢ばかりみる固体ほど、進化し、生き残ってきたと考えられているのです。

幸せな夢は、人をダメにするのか!!!
それは、凄い概念だ!!

今の多様性の時代、夢も多様化して複雑化しているのですが、基本的に危機に面している夢を見ることが多く、それらの夢をみる人ほど、精神的な抗体ができ現実の世界で強く生きて行けるという訳ですな。

面白いな。
夢を研究する仕事も、なんだかとっても面白い。
そんな夢を掴むような研究をして、一生過ごしたら楽しそうだ。(^^)

そういえば、数年前まで、よく見た夢があります。

私がバスの運転手で、街中を運転しています。
バス停で手をあげる人がいるのですが、気が付かず通り過ぎてしまうんです。
で、「しまったー!!やってしまった!!」と激しく後悔して、引き返そうとするのですが・・・
車はドンドンと進んで行ってしまう。
「どうしよう」と、右往左往するところで、決まって「ハッ!」と、目が覚めます。

もちろん、私、バスを運転したことも、運転士をしたこともありません。

あの夢は、何を示唆していたのでしょう??
だれか教えてください。(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

建築中の現場紹介開始!!

昨日、新しいブログ作成の打ち合わせを続けていたら・・・
自分のブログを書いたつもりになって、更新をすっかり忘れてしまいました。(^^;)

私も実は一昨日で39歳。(^^;)
着実に、忘れっぽくなって来てます。
くわばら、くわばら。

当社売主により鎌倉市台一丁目の「太陽光付き建売住宅」の工事が始まりました。
本物件は、毎日、建築現場を紹介していきます。
ただ、以前のように私がUPする時間がとれませんので・・・
新入社員の木村が担当することとします。

専門知識がまだ身についていませんが・・・
逆に、一般の購入者の感覚に近いので、見やすく解りやすい解説になると思います。

昨日から、開始です。
http://kenchiku-heisei.cocolog-nifty.com/blog/

建売住宅がどうゆう風に出来て行くのか!
包み隠さず、事細かにお見せできると思います。

ちなみに・・・
新入社員ブログも出来る限り、毎日更新を義務つけました。(^^)
http://fudosan30.cocolog-nifty.com/blog/

できれば、我が社員には暇を有効に使って欲しい。
そのクセをつけて欲しい。

時間が空いたら、それを潰すのではなく・・・
そのときに、物思いにふけって欲しい。(^^)

ブログを毎日更新するのは、かなり大変です。
(私は、なんとも無いですが・・・汗)
毎日、アンテナを張っていないと、ネタがあっという間に尽きてしまいます。
(私は、全く尽きませんが・・・)

例えば、車に乗っている時・・・、例えば電車を駅で待っている時・・・
町に目をやり、通行人に目をやる。
昼飯を食べている時、店の隅々を見る。

それだけで、自分でもハッとする「気づき」があったりするんです。

携帯やスマホを覗き込んだら、その時点で他人の視点に「依存」してしまい・・・
もう、自分であって自分じゃなくなるんです。

ブログは自己発電みたいなもんです。
個人的に、そう思います。

でも、ツイッターにフェイスブック、ラインに何とかかんとか・・・
もうブログってそれ自体が古いのですかね??
昨日、木村に「ブログじゃなくて、世の中ツイッターなの?」と聞いたら、アイフォン5を片手に「俺、全然わかりません」と答える木村。それを聞いて「俺もわからない」という私。

いつまでたってもアナログな我が社です。(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »